お知らせ

new!
2020-07-292020/8/15開催の光岡英稔先生の兵法武学研究会の情報を掲載しました講座詳細
2020-07-212020/8/2開催の守伸二郎先生のときめき和稽古の情報を掲載しました講座詳細

受付中のイベント

光岡英稔先生の兵法武学研究会

光岡 英稔
2020年8月15日(土)10:00~12:30武学1:ビギナー&ベーシック クロスオーバークラス
14:30~17:00武学2:ベーシック&応用 クロスオーバークラス
17:15~19:45武学3:光岡先生による八卦掌研究の紹介とハワイアン八卦掌への見解を聞く会

この度の大阪カメカメ企画での兵法武学研究会(略称:武学)は、前回に引き続き、武術の型をしてみたり、前回した涅槃、逆涅槃、亀、裏亀などの創作型してみたり、開閉斜偏の手腕形による五体投地のしゃがみ稽古をしてみたり、何らかの動きをして観たり、道具を使ってみたり、環境を使っての稽古研究をしてみたりしながら異なる身体をアクセスし、皆で稽古して行きます。

この度、8月の兵法武学研究会の内容は

  • 陰陽表裏と左右観の捉え方
  • 四方のからだ、七つの身体観
  • 体観棒を用いての環境と身体観の理解
  • 経験的身体(感覚体、客体、気之体)と物理的身体(実体)の関係性と理解
  • 観法の稽古
  • 動法と観法の関係性を知って行く稽古
  • 新・立ちしゃがみの型
  • 新・立ちしゃがみの型の応用
  • 阿修羅(アシュラ)の身体観の基礎と応用

などに触れて行く予定です。

もちろん、毎回のことですが、稽古会の流れの中で即興の稽古方法や技法の紹介などもあるかと思います。

皆様、お待ちしております!

兵法武学研究会 講師 光岡 英稔


(武学3:ハワイアン八卦掌について)

この度は、大阪カメカメ企画でのハワイアン八卦掌のスペシャル講習会を開催いたします。

中国からハワイへと渡り、独自の発展の仕方をした武術 ハワイアン八卦掌とは、

何なのか?

どのような練習をするのか?

何が元来の八卦掌と違うのか?

ハワイアン八卦掌でないと理解できない八卦掌の原理、法則性とは何なのか?

どのようにして出来たのか?

また今回は、そのハワイアン八卦掌の特徴となる稽古方法などを紹介しながら、なぜ此のような発展の仕方をして来たのかなどに実際の実技と講義、講話、解説を通じてその全貌を理解をして行きます。

ハワイアン八卦掌の主な内容

  • 根本原理/法則と基本原理/法則の理解
  • アウトサイド・ターンとインサイド・ターンの意味
  • サークル・ウォークの練習
  • 八卦掌が提示する法則性を実体験する稽古
  • ハワイアン八卦掌の練功法の紹介

あと、このハワイアン八卦掌に合わせて、私の長年の武術研究から得た“八卦掌”と言う中国武術に対する見解なども紹介して参ります!

兵法武学研究会スペシャル 講師 光岡英稔

守伸二郎先生のときめき和稽古

守 伸二郎
2020年8月2日(日)10:00~12:00基本クラス
14:00~16:00応用クラス
16:00~16:45Q&A/自主稽古

テーマ『繊細に、繊細に』

「梅雨の長雨が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

コロナで閉じこもりがちな上に梅雨空でジメッと鬱陶しく気分も塞ぎがちになりますよね。

こんな時こそじっくり身体と向き合い、身体の聲を聞いてみましょう(^-^)b。

8月の和稽古は、動かしたい身体と、動かすべき身体のズレに注目して稽古、研究をしてみたいと思います。

ズレ始めを細かく、繊細に見つめることで「動きたい、動かすべき身体」の清々しさを感じる事が出来るかもしれません。

皆さんのご参加を心よりお待ちいたしておりますね。

講師 守 伸二郎